世界の自然保護と環境調和、緑化再生と地球の安全を目指す心を持って活動しましょう!

ECO-TOURISM は色々な旅や人、企画や活動など、さまざまな分野で エコにかかわる 出来事をご紹介します。(@_@)


エコツーリズム 地球環境にやさしい旅 のご提案がございましたら、是非お知らせください。

一緒に、企画から旅づくり まで、 実施できる旅行をつくりましょう!(^_^)/


  過去の活動情報 !

●植樹ボランティアの活動報告!(2012年)

活動報告はこちら⇒⇒★★★

日中友好林植樹ボランティアと市民交流」訪問団

 

  皆様におかれましては、「緑の募金」を進める当会の活動につきまして、平素よりご理解とご協力を頂き深く謝申し上げます。

  近年、地球規模での環境問題がクローズアップされ、道民の大きな関心事になっておりますが、隣国中国の砂漠化の進行も、黄砂等による環境への負荷が危惧されているなど、私ども道民にとっても、対岸視できないものとなって来ております。

 現在、中国では、森林による国土保全を政策の大きな目標として掲げ、退耕還林(畑地を森林に戻す)の取り組みが進められております。

 北海道では、中国東北地区との友好提携に基づき、森林分野で平成12年から中国遼寧省、そして、黒龍江省で植樹活動が続けられてきました。

この取り組みには、延べ1,000名以上の道民ボランティアの方々と中国市民、学生多数の方が関わり、友好交流の輪も大きく広がりました。

 当会では、この灯火を絶やすことなく繋げ、両国民の友好の絆をさらに深めるべく、「日中民間緑化協力委員会資金」や「緑の募金」を活用し、引き続き、道民と中国黒龍江省市民との協働によるボランティア植樹を実施していくこととしております。

  この度の植樹は、別紙パンフレットのとおり、日中国交正常化40周年記念、また、北海道・黒龍江省友好提携26周年記念事業として黒河市において実施することとしております。この企画は、中国市民の方々と友好の絆をより一層深め てまいりました。

 

ご協力ありがとうございました。

────────────────── 

公益社団法人 北海道森と緑の会

企画事務局 / 専務理事 阿部 昭彦

                                          TEL011-261-9022 FAX011-261-9032

                                              E-mail abe@h-green.or.jp

                                        ──────────────────

中国黒龍江省黒河植樹ボランティア訪問団  黒河・五大連池・哈爾濱の旅

ロシア国境の町、黒河にて植樹活動交流と大自然の絶景、五大連池を堪能! 

そして、ハルビン、大連の歴史と一昨年解放の町旅順を見聞する旅です!

この「日中協力黒龍江流域保全緑化ボランティア植樹活動」は生態環境と人々の生活環境を改善する為、中国側と共同で造成する事業に日中両市民の協働植樹で緑化意識の高揚と環境保全に貢献し、友好の絆とるす記念事業です。

◆旅行期間: 20217()22()  日間

月日

都市/交通

スケジュール

食事/宿泊

6/17

(日)

千歳⇒ñ⇒新潟

(朝→空路→午前)

新潟⇒ñ⇒ハルピン

1215-CZ616-1340

国内線にて新潟へ

着後、国際線へ乗換へ、出国手続後、ハルビンへ

着後、ハルビン市内見学!見学後、ホテルへチェックイン!

夕食後、ハルビン夜街散策! 

朝食:―――

昼食:機内食

夕食:レストラン

ハルピン 泊

6/18

(月)

ハルピン

ハルピン++列車++黒河

2057-K7033-0739+1

終日、ハルビン市内見学:太陽島、東北虎のサファリパーク、スターリン公園、中央大街、ソフィヤ教会、松花江遊覧など

夜行列車にてロシア国境の街 黒河へ 

朝食:ホテル

昼食:レストラン

夕食:レストラン

車中 泊

6/19

(火)

ハルピン++列車++黒河

2057-K7033-0739

黒 河

着後、ホテルにて朝食、ホテルにて休憩!

午前、★協働植樹活動! ★地元市民交流活動!

午後、黒河市内見学:中ロ国境を流れる大河「黒龍江」(アムール河)の畔を散策(対岸はロシア)、中ロ市場見学、他。

■夕食:交流宴会!  *夕食後:夜景見学               

朝食:ホテル

昼食:レストラン

夕食:夕食宴会

黒河 泊

C

6/20

(水)

黒 河=バス=五大連池

専用車260km(3h)

五大連池

朝、専用車にて火山博物館と呼ばれる五大連池へ、

五大連池着後:市内/郊外の散策見学:龍門石寨、マイナス10度くらいの地下氷河(貸出しコート有)、南北飲泉(世界三大冷泉のミネラルウォーターを賞味)、黒龍山で直径350mの噴火口を見学、五大連池山水画のような二池、三池見学いたします。

朝食:ホテル

昼食:レストラン

夕食:湖魚料理

五大連池 泊

D

6/21

(木)

五大連池

五大連池=バス=ハルピン

専用車400km(5.5h)

朝、専用車にて五大連池の大自然のパノラマを展望しながら広大な東北平原をすすみハルピンへ

途中:蒸気機関車(上遊型)下車見学 !

ハルビン到着後、ホテルへ

夕食:サヨナラ宴(ハルビン名物料理)!

朝食:ホテル

昼食:レストラン

夕食:レストラン

ハルピン 泊

E

6/22

(金)

ハルピン⇒ñ⇒新潟

0805-CZ615-1115

新潟⇒ñ⇒千歳

(午後→空路→夕刻)

専用車にてハルビン空港へ

出国手続後、帰国の途へ

新潟着後、入国手続を終え→国内線にて、千歳へ乗継!

千歳空港着後、めでたく解散!

朝食:ホテル

昼食:機内食

夕食:―――

 

 

 


詳しくはお問い合わせクダサイ。!(^^)!

 

● 旅と人!のご紹介 ⇒ パンダ大使:矢野美恵様 (大熊猫親善大使)

パンダ大使として、パンダの保護を訴えて、北海道内で集めた「パンダ保護基金北海道」(札幌)や近郊都市で保護活動に協力的に団体やグループ組織など、パンダ大使自ら保護応援活動で集められた支援を基に、北海道から毎年、四川省成都市内の大熊猫繁育研究基地を中心に募金を渡しに、パンダ保護や環境に理解のあるメンバーによって、2001年より続けています、毎年、四川省の成都を中心に訪中団を組織して、『パンダ保護使節団』として、2001年の第1次団より、 スタート致しまして、毎年、パンダ飼育保護に興味のある方々と一緒に訪中団を組織しています。 

そしえて、今年の2011年4月のツアーで、第11次団の訪中団の活動 まで続いています。

 この使節団の団長として、パンダ保護活動の使命として、大きな動員力となっています『パンダ大使』:矢野美恵様をご紹介申し上げます。

矢野パンダ大使は、成都の大熊猫繁育研究基地と雅安パンダ保護センター「パンダ倶楽部」の交流活動を中心に活動しています。

また、その他にも臥龍のパンダ倶楽部園や重慶動物園パンダ館、そして、中国各地のパンダの飼育センターなど、パンダ繁育に関わる地域の保護を訴えて活動を続け られております。訪中歴も豊富で、中国各地の世界遺産の訪問と太極拳の指導もされていることもあり、訪問各地でも、朝の公園太極拳の交流なども、積極的に行われ、楽しいパンダ保護使節交流団として、参加の方々を楽しい旅行をモットーに活動旅行をしています。

■今年(の2012年)の活動旅行は 実施修了をいたしました。

中国の歴史ある世界遺産など素晴らしい景勝地の見学と

パンダ保護活動の日中交流も熱烈歓迎交流で終了いたしました。

ご協力ありがとうございました。

 


TOPへ

詳しくはお問い合わせクダサイ。!(^^)!

 

コンチネンタルツアーズ 株式会社     info@conti-tours.com     TEL:011-232-2511 FAX:011-232-2575


 

・営業時間 月曜日〜金曜日10:00〜17:30、土曜日・日曜日・祝日・年末年始は休業。  

 ・17:00以降、もしくは休業日のメールのお問い合わせにつきましては、翌営業日のご返答となりますのでご了解ください。